新年 あけましておめでとうございます。

昨年は新型コロナ一色の1年となりました。

本当であれば、オリンピックが開催されて、大きな賑わいとなり、興奮の渦が広がっていたであろうはずの1年となるはずでしたが、世界中が暗闇に襲われるような1年となりました。

 

人命か経済か?

それぞれの立場で真剣に悩んだ年になったと思います。

そして、今年もこの難しい命題に頭を抱えながら取り組んでいくことになるでしょう。

 

多くの人が職を失い、不安な中で新年を迎えたことだと思います。

もちろん、弊社にあっても工事の中止や延期など、色んな意味で影響がありましたが、それでも、無事正月を迎えることができたことに感謝しております。

 

今年もまだまだこの状況下で日々を過ごしていくことになるのだと思うと、なかなか希望を見出すことが難しいかもしれませんが、それでもやはり前進したいと思います。

一歩一歩、壁を乗り越えながら進む、これしかないのだと思います。

互いに助け合って共に進む。

そんな生き方を忘れないようにしたいと思います。

本年も宜しくお願い致します。

松 浦 謙 次